【ベース】 ブラックナイロン弦をレビュー:特徴と弾き心地について

blacknylon strings




「ブラックナイロン弦ってどうなの?」
「種類や特徴をしりたい!」

手持ちのジャズベにダダリオのブラックナイロン弦を張ってみたよ。弾き心地などを詳しくレビューしていくよ。

✔︎この記事の内容

  • ブラックナイロン弦の音
  • 引き心地、ラウンドワウンドとの違い
  • 種類や選び方について

フラットワウンドにさらにナイロンコーティングを施したナイロン弦。

手軽に60~70年代のようなサウンドを再現できることで人気の弦ですが、使用している人が少なく音のイメージがよくわからない人も多いはず。

ブラックナイロン弦は普通の弦より値段も高めなので、試したくても躊躇しちゃうよね。

今回、思い切って70’スタイルのジャズベにブラックナイロン弦を張ってみたので、参考になるように詳細レビューしていきます。

白色のホワイトナイロン弦もあるそうですが、ブラックの方が一般的ぽいので、ここではブラックナイロン弦と呼ぶことにします。




ダダリオ ブラックナイロン弦

black nylon strings
ダダリオのブラックナイロン弦

今回わたしが使用した弦はダダリオのブラックナイロン弦。ゲージは0.50〜1.05です。

ブラックナイロン弦は他のメーカーからも出ています。

✔︎ブラックナイロン弦の種類

  • ダダリオ ETB92  ¥4160
  • フェンダー 9120 ¥3580
  • ラベラ 750N ¥4280
  • ロトサウンド RS88LD ¥3510

※価格はサウンドハウスを参考。

有名なところでは↑の4つ。メーカによってはゲージなどいくつかラインナップがあるものもあります。

正直、引き比べたことがないので比較はできませんが、今回ダダリオを弾いてみて悪くはないと思います。

普段から使っているブランドにブラックナイロンのシリーズがあればいいけれどね。なければダダリオを選んでOK。

ブラックナイロン弦の特徴

blacknylon2

まずはブラックナイロン弦の特徴について3つにまとめてみました。

✔︎ブラックナイロン弦特徴3つ

  • 太くて柔らかい音
  • サスティーンがあり、アタック感がつよい
  • 滑らかなコーティング弦

→60~70年代のようなビンテージサウンドに近づく

一つずつ詳しく説明していきます。

特徴1 太くて柔らかい音

ブラックナイロン弦の一番の特徴は音。

通常のラウンドワウンド弦と比べて、太くて柔らかく耳馴染みのよい音がします。

✔︎音のイメージ

  • プレベのような太い音
  • ウッドベースのような深く沈むような音
  • 自然で耳馴染みのよい音

→アコースティックなどにぴったり

ジャズベを生音で弾いてみても、まるでプレベをアンプで鳴らしたような音がします。

わずかにテンションがゆるいような気もしますが、ブリッジ側で指弾きするとハリのあるトーンで鳴らすこともできます。

もともとトーンの明るい’70ジャズベに張ると、まるで’60ジャズベになったかのような変わりよう。これは面白い

特徴2 サスティーンがあり、アタック感がつよい

フラットワウンドのイメージからか、なんとなくサスティーンが短いイメージがあります。

しかし実際に引いてみると、サスティーンは気になるほどではありません。

✔︎音の特徴

  • アタック感がつよい
  • アタックからのバズ感もだしやすい
  • 意外にもサスティーンがある

→抑揚をつけたフレーズや、アクセントをつけるのが得意かも

個人的にお気に入りは弦を弾いた直後のアタック感とバズ感。うまく決まったときが最高に気持ちいい。

サウンドに色をつけやすいので、あえてシンプルなベースラインが映える気がするよ

特徴3 滑らかなコーティング弦

ブラックナイロン弦は、表面にナイロンコーティングされたもの。

手触りがすべすべで弾き心地もラウンドワウンドなどに比べると独特なものがあります。

✔︎コーティング弦の弾き心地

  • 指弾きでレイキングがしやすい
  • 弦を抑えた時に柔らかい感触

→多少の慣れは必要だけど悪くはない

エリクサー弦などのロングライフコーティング弦もヌルヌルとした独特の感触がありますが、ブラックナイロンはスベスベでちょっと違う感じ。

指弾きでしっかり弦を捉えて弾く人は、弦が滑りやすいので多少慣れが必要です。(私もそのタイプです。)

とくに弦を張った直後はスベスベ感が強い。馴染んでくると多少変わってくるよ。

こんなひとにおすすめ

blacknylon3
パッケージの裏面

ブラックナイロン弦はこんな人におすすめ。

✔︎ブラックナイロン弦がおすすめな人

  • 柔らかい音がすき
  • 古い録音の音を再現したい
  • 普通の音に飽きた

→どれかにあてはまるなら試す価値あり

ブラックナイロン弦の音は、これでしか再現できないような独特なサウンドなのでかなり個性的。

ちょっと変わったサウンドで個性を出していきたいときにも使ってみたくなるものです。

ラウンドワウンドの明るさとは方向性が別物なので、気分転換に試してみても面白いですね。

あとがき【弦の寿命も長いらしいよ】

以上、ブラックナイロン弦を使ってみた感想、レビューなどについてまとめてみました。

明るいトーンをもとめて’70ジャズベを使っていましたが、趣向が変わって’60っぽいサウンドが欲しくなってきたところにブラックナイロンを試してみました。

結果、かなり思ったように渋いサウンドになったので個人的には大満足。

ちなみにナイロンコーティングされているので、スティール弦に比べて長寿命らしい。これはこれから検証していきたいね。

ぜひお試しください。