amazonで購入できる定番ベーススタンドとオススメを紹介【楽器を守るならハーキュレス】

HERCULES-2




「ベース用スタンドってどれがいいの?」
「悩まずにサクッと選びたい。おすすめ教えて!」

ベース用のスタンドはハーキュレスがおすすめ!
他の定番モデルも合わせて紹介するよ

✔︎この記事の内容

  • あなたに必要なベーススタンドがわかる
  • ハーキュレスの魅力を紹介

ベースを買ったら必要になるのがスタンド。

スタンドはベースを立てかけるだけではなく、転倒させないように工夫が凝らされたものもあります。

大切なベースを守る重要なアイテムなので、しっかりチェックしていきましょう。




種類別 定番ベーススタンドを紹介

定番ベーススタンドの種類は大きく分けて2種類

✔︎スタンドの2つの種類

  • ネックで保持するタイプ
  • ボディで保持するタイプ

まずはそれぞれの種類ごとにみていきましょう。

ネックで保持するタイプ

ベースの底とネック部分で支えるタイプのスタンドです。

おそらく一番スタンダードな形で、安価なモデルも多く販売されています。

その他のギタースタンドを見る

とりあえず何でもいいからスタンドが欲しい!という場合はこれ。必要十分な機能でしかも値段も安め

✔︎メリット

  • 安い
  • 転倒防止の止めゴムがある

このタイプは安くて機能十分なので、とりあえず必要な場合にベストマッチ

ネックを支える部分には転倒防止用の止めゴムがあるのも安心ポイントです。

✔︎デメリット

  • 見た目が安っぽい
  • ボディを乗せる部分が回転して乗せにくい
  • 止めゴムを掛けるのが面倒

価格が安いので見た目のチープさは仕方がないところ。鉄パイプを曲げただけのシンプルな作りです。

ボディを乗せる部分が回転するので、この部分がナナメになっていたり、反転していたりすると都度位置を直す必要があります。これが少し手間。

また止めゴムはついつい面倒になって外したままにしがち。いつの間にか止めゴムが無くなってしまうこともあるので要注意です。

スタンドとしては優秀だけど使い方に少し気を遣う必要があるよ

ボディで保持するタイプ

こちらはベースの底とボディの背中で支えるタイプです。

小さくてコンパクトながらしっかり楽器を支えてくれます。

その他のギタースタンド A型を見る

省スペース&コンパクトで持ち運びもらくらく。ベースを持ち運ぶことが多い人はこっちかな

✔︎メリット

  • 省スペース&コンパクト
  • 楽器を見栄えが良い

スタンド本体が小さく折りたたみできるので持ち運びにとても便利なのがメリット。

立てかけた時にまるで楽器が自立しているように見えるので、見栄えもします。

✔︎デメリット

  • 変形タイプは置けない場合がある
  • 楽器を倒す恐れがある

ボディを置く部分にしっかり収まっている必要があるので、極端な変形ベースは立てかけられない場合があります。

またしっかりとベースを支えてくれてはいますが、基本的には立てかけているだけなので、何かをぶつけたりして楽器を倒してしまう可能性があります。

ネックで保持するタイプも止めゴムをしないと同じく倒しかねないよ。スタンドを使っていても楽器の保管には注意が必要!

転倒防止ならハーキュレスがおすすめ

ベースを保管する上で楽器の転倒だけは絶対に避けたいものです。

ベースを倒してしまうと、傷がつくだけでなく、パーツが破損したり最悪の場合ネック折れなどの致命的な故障になってしまう可能性があります。

わたしも一度ネック折れを経験してるけど、修理に時間もお金もかかって大変だったよ。なにより大切な楽器を壊したのがショック・・・

自分の楽器は絶対に倒さない!というならばハーキュレスのスタンドがおすすめです。

その他のハーキュレス製品を見る

✔︎ハーキュレスの魅力ポイント

  • オートグラブシステムで楽器を完全ロック
  • 楽器をとる、戻す作業がスムーズ
  • 見た目の高級感

とても魅力的なので詳しく解説しますね、

オートグラブシステム(AGS)で楽器をロック

ハーキュレスのスタンドの最大の特徴がオートグラブシステムです。

オートグラブシステムとはネックを掛ける部分に取り付けられた機構で、ベースをスタンドに掛けると楽器本体の自重によって自動的に転倒防止のロックがかかる仕組みです。

Hercules

(出典:amazon)

ネック(ヘッド)部分を完全にロックしてしまうので、楽器を転倒させる可能性をほぼゼロに抑えることができます。

がっちりロックしてくれる安心感がすごいのよ。スタンド自体も安定感抜群なのでビクともしないよ

ハーキュレスを使う理由は「抜群の安心感」。大切な楽器を守るならこれです。

楽器をとる、戻す作業がスムーズ

オートグラブシステムは楽器の自重によりロックが下がり、楽器を持ち上げると自動的にロックが介助する仕組みになっています。

意識してロックを外す作業はないので、感覚としてはただ楽器を手に取る、スタンドに掛ける、の動作だけです。

頻繁に楽器を手にとったり置いたりする場合、他のスタンドだとストレスになりがちだけど、ハーキュレスは本当に掛けるだけだからめちゃ楽

見た目の高級感がある

ロック機構などがある分、普通のスタンドより一回り大きくみえます。ちょっとゴツいです。

ベースなどの大きな楽器を立てかけるときは、このくらいゴツい方が見栄え的にもバランスがとれていて良い感じです。

アクセントカラーの黄色とHERCULESのロゴが高級感あり、こちらも高級感があって○

あとがき

ベース用の定番スタンドとハーキュレスのおすすめでした。

定番スタンドもちゃんと使えば安心して楽器を預けることができますが、もっと完全に楽器を守るならばハーキュレスがオススメです。

一度ハーキュレスを使うと他のスタンドが不安になるくらい安心感が違うよ

ぜひチェックしてみてくださいね。