\いまさら聞けないAmazonプライムを解説/

レッドウィング:ファイアーマンブーツ(安全靴)の手入れ方法【革製ブーツのメンテナンス方法】

fireman boots




「レッドウィングの手入れ方法が知りたい」
「革のブーツの手入れに必要な道具は?」

レッドウィングのファイアーマンブーツ(安全靴)をお手入れしてみたので、その手順や必要な道具などを合わせて紹介するよ

✔︎この記事の内容

  • 革製ブーツのお手入れ方法
  • レッドウィングのファイアーマンブーツを紹介

革製のブーツは履き続けていると汚れがつくだけでなく、革自体も痛んできます。

こちらは今回お手入れするブーツ、レッドウィングのファイアーマンブーツです。

boots maintenance

全体的にくすんでいて、革もガサガサになりかけています・・。

ブーツは時々手入れしてあげることで、長く履き続けることができます。

リスくん
そういえばブーツの手入れなんてしてないな・・

ブーツのお手入れは10分もあればできますのでこの機会にやってみませんか。

 

ファイアーマンブーツとは?
靴紐部分がファスナーになっているのが特徴のブーツです。消防士(ファイアーマン)が分厚い手袋をしたままでも脱ぎ履きしやすいように作られたもの。

実際脱ぎ履きしやすいのですごく便利。ジッパーだけでも販売されており、手持ちのブーツをファイアーマン風にアレンジすることもできます




必要な道具

今回使用した道具はこちらになります。

✔︎使用した道具

 boots maintenance

ミンクオイルはレッドウィング純正のものがありますが、入手しにくいので普通の靴屋さんで販売されているものでも十分です。(ネットなら普通に買えます)

写真には汚れ落とし用のコットンタオルとキッチンペーパー(見切れてます)が写っていますが、繊維がブーツについたり、破れたりするので普通の布タオルの方が良いです。

ステインリムーバーは色々な種類のものが販売されていますが、私のおすすめはM.MOWBRAY

水性でサラッとしており、少量でもしっかりと汚れが落ちてくれるのが特徴です。

ステインリムーバーって必要?
ステインリムーバーを使用しない方もいるようですが、前回のオイルが残ったままオイルを上塗りすると、見た目にもギトギトしてちょっと不潔です・・。おそらく靴にも良く無いと思います。

出来るだけステインリムーバーを使用することをおすすめします。

革製ブーツのお手入れ方法

ブーツのお手入れ方法は以下の手順で行います。

✔︎手入れ方法

  1. 馬毛ブラシで埃を落とす
  2. ステインリムーバーで古い汚れを落とす
  3. ミンクオイルを塗る
  4. 豚毛ブラシでオイルをなじませる

一つずつ手順を追って説明します。

手順1 ブラシで埃を落とす

まずはブーツに付着した砂やホコリなどの大きな汚れをブラシで落としていきます。

柔らかい馬毛ブラシを使うことで細かい部分まで埃を除去しやすくなります。

boots maintenance2

ステッチ(縫い目部分)や腰革(靴紐を通すところ)のつなぎ目などの隙間に埃が溜まりやすいので、掻き出すようにして埃落としします。

リスくん
靴紐は取らなくていいの?
普通のブーツなら紐を取った方が作業がしやすいよ。今回のファイアーマンブーツは紐を取るのがすごく大変だから横着しました

手順2 ステインリムーバーで汚れ落とし

ブラシでだいたい埃が落ちたら、ステインリムーバーを使って表面に付着した細かい汚れや、古くなったオイルを落としていきます。

boots maintenance3

ステインリムーバーは少量を布タオルなどにとり、優しく撫でるようにしてブーツの表面の汚れを除去します。

ちょうど良い布がなかったので試しにキッチンペーパーを使ったら、破れてボロボロになって大変だったよ・・。普通の布の方がいいです
boots maintenance4

軽く撫でるだけでこんなに汚れが落ちます。

汚れがひどいな。と思ったら何度か繰り返し拭き取っていきましょう。

boots maintenance5

写真左がステインリムーバーまで終わったもの。右側は何もしていない状態。

写真では少々わかりにくいですが、ブラシとステインリムーバーだけでもかなり見た目がさっぱりします。

手順3 オイルを塗り込む

ミンクオイルを塗る方法は2つあります。

✔︎オイルの塗り方

  • 布にとって塗る
  • 指にとって塗る

私は指にとって塗る方法で行っています。

体温でミンクオイルが溶けてより革に馴染むような気がするよ

少量を指先にとり、革に馴染ませるように塗り込んでいきます。

boots maintenance6

オイルは塗りすぎてもギトギトになって見た目が悪くなるので、少量を薄く伸ばすのがポイントです。

リスくん
オイル塗りすぎてベトベトになっちゃった・・・
そういうときは、タオルでオイルを拭き取ろう

手順4 ブラシでオイルを馴染ませる

全体にオイルを塗り込んだら、豚毛ブラシを使ってさらに細かい部分にもオイルを広げていきます。

ステッチやつなぎ目など指の届かなかった部分などにもブラシしていきます。

boots maintenance7
余分なオイルを伸ばすような感じで全体に馴染ませていくよ

全体をよくブラッシングしたら完成です。

boots maintenance8

左がお手入れ済み、右が何もしていない状態。(下の写真は右側が手入れ済みになります)

boots maintenance9

もう片方も同じように手入れをしておしまい!

boots maintenance10

汚れも落ちてさっぱり。ツヤも出てカッコよさが戻りました。

最初の写真と見比べると大違い。大切なブーツが長く使えるように定期的なお手入れが必要だよ

あとがき

以上がブーツのお手入れ方法についてでした。

道具が揃っていれば10分くらいで終わりますので、シーズンの変わり目などでお手入れしてから保管すると靴自体が長持ちしますよ。

シーズン中でもときどきメンテしたいですね。ぜひお試しを。