\いまさら聞けないAmazonプライムを解説/

ボリューム全振り!低カロリーでお腹いっぱいのやり過ぎダイエット飯を紹介

diet food




ダイエット中の食事制限で物足りないとお困りの方へ、私がダイエット中に食べていたボリュームたっぷりの低カロリー料理を紹介いたします。

  • ダイエット中で食事制限をしている
  • 低カロリーでボリュームのある食べ物がほしい

おしゃれ感ゼロ、グルメ感ゼロの腹に溜まればなんでもOK思考ですので、それでもいいよという方は参考にしてみてください。

実際にこれを食べて13kg痩せました。




ボリューム全振り!低カロリーダイエット飯

食材1 キャベツ

食材と食べ方の2段構成で紹介していきたいと思います。
最初の食材はキャベツです。生でよし、茹でよし、焼きよしの万能食材なのでここで紹介する以外でもなんでもイケます。

山盛り千切りキャベツ

ただ千切りしたキャベツです。
キャベツ自身の甘味があり、シャキシャキした食感でそのまま食べても食べ応えがあります。

そのまま食べても良いですが、さすがに飽きるのでドレッシングだけはかけて良いものとします。
キャベツ自身には対してカロリーがないはずなので、ドレッシングを欠けたところで大したカロリーにはならないです。

ドレッシングを制限しないことで我慢している感も薄まり、自然と摂取カロリーを控えることにつながる気がします。

キャベツだけのロールキャベツ

キャベツだけで作ったロールキャベツです。
というより、キャベツのコンソメ煮込みです。

コンソメの味が染み込んだキャベツはほくほくで美味しく、一手間加えることでちゃんとした料理を食べている感を味わうこともできます。(ほぼ錯覚です)

煮込んだスープもただのコンソメスープなので、カロリー低めなのが嬉しいところです。

食材2 しらたき

しらたきも低カロリー食材として知られており、ダイエットの強い味方です。
弾力のある食感、麺のような形もあって、ラーメンでも食べている気分を味わえます。

しらたきうどん

しらたきをうどんに見立ててめんつゆで煮込んだものです。
ただこれだけだと味気なさすぎるので、千切りキャベツと同様に調味料の使用を許可します。

使って良いのは、七味唐辛子、ネギ、生姜などの香辛料、薬味類です。乾燥わかめはギリOKですが、揚げ玉はNGです。

しらたきだけだと味気なくても、薬味や香辛料がはいることで一気に雰囲気がでてきます。
風味もよくて単純にめんつゆが美味しく、しらたきでお腹もいっぱいになるので満足感ありありです。

食材3 ゼロカロリー飲料

ゼロカロリー飲料ゼリー

市販されているゼロカロリー飲料でつくったゼリーです。
ゼロカロリーの飲み物に溶かしたゼラチンを混ぜ、固めて作ります。

ゼロカロリー飲料はその名の通りどれだけ摂取してもゼロカロリー(厳密には違います)。
カロリーはなくても甘さがあるので満足感抜群です。ゼラチンでゼリー化することで食べ物としてお腹いっぱい食べることができます。

デザートとしても最適です。

1日1食置き換えるだけで効果が出ました

ダイエットを行うときは、カロリーが高くなりがちな夜ご飯だけ、これらのメニューに置き換えることで摂取カロリーを抑えられ減量につながります。

調子にのって毎食置き換えていると、栄養不足になる恐れがあるので要注意です。ダイエット効果が出始めたころにやりがちな失敗です。

飽きずに続けるコツは、調味料などで味を変えていくことです。
調味料を制限しないことである程度食事の楽しみがキープされます。まったく味気ないものを食べ続けるのは苦痛でしかないです。

ダイエット飯をお考えの方は参考にしてみてください。